2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

何茶碗だろう?

最近私が作る茶碗は、この系統の形が多く、定着してきました。

これは何茶碗というのだろう?

井戸の部類の形でもないし、

ましてや楽とは形も作り方も全然違う。

しかし、手に気持ちよくおさまるんです。

格式を重んじる茶道の世界ではあまり受け入れられないのかもしれないけど、

自分としては、この形、なんとなく気に入ってます。

SAVE0143ax.jpg




遊陶工室のホームページはこちら














スポンサーサイト

| 私の作品 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白化粧に着色 

会員さんの作品です。

女性らしい、やさしい雰囲気の作品です。

SAVE0144x.jpg
SAVE0147bbx.jpg
SAVE0147aax.jpg

白い器は白化粧に黄色と紫の絵具で彩色、
小皿と取っ手付きの器は藁灰釉と弁柄を上手く組み合わせています。



下は、ハンドバッグ型の蚊取り線香入れです。
これは、他の女性会員さんの作品。

SAVE0145x.jpg



遊陶工室のホームページはこちら











| 生徒さんの作品 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取っ手無しの急須

取っ手無しの急須を作れるかと問い合わせを受けました。

できますよ?と軽く受けたものの

どうやって注ぐんだろう
何を注ぐんだろう
どんなときに使うんだろ・・・???

後から疑問が湧くばかり。



SAVE0139.jpg
SAVE0138x.jpg
SAVE0140x.jpg
SAVE0141x.jpg

白い布で包みながら両手でこの急須を持ち、
客人の杯に甘酒を注ぐためのものだそうです。

これは、すべて手びねりで作ってみました。




遊陶工室のホームページはこちら

















| 私の作品 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写真撮影

また、一眼レフで写真を撮ってみました。

新旧取り混ぜいろいろと。

まずは以前載せた長石釉茶碗を逆光で。


     SAVE0130a.jpg       SAVE0127b.jpg



このように逆光で写真を撮ると、茶碗の形そのものの良し悪しがはっきりわかるような気がします。


次も以前載せた茶碗ですが、一眼レフで撮るとやはり少し雰囲気違います。
SAVE0137x.jpg    SAVE0133x.jpg


これは白化粧シリーズ。
白化粧って、ちょっとした濃さで印象がまったく違う。
で、使い続けると下の赤土がうっすら透けてきて
また印象が変わってくる気がします。

SAVE0129x.jpg


最後に、新作茶碗を。
流れるようなかいらぎがなかなかおもしろかったので。

SAVE0132x.jpg






遊陶工室のホームページはこちら












| 私の作品 | 16:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

注文の飯碗・汁碗

会員さんから注文をいただき、飯碗と汁碗を作りました。

どちらもミックス土で、あらゆる土が混ざったやつです。

同じものはもう二度と作れません。笑

SAVE0131b.jpg


左の飯碗は白化粧を施しました。釉薬は松灰釉。
右の汁碗は土の地を生かすように、マットな雰囲気の釉薬を選びました。




遊陶工室のホームページはこちら











| 私の作品 | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にんにくポット

にんにくポットって今話題なんですか?
会員さんの一部でそのような話題が出てました。

聞いたことも無かったのでネット検索してみると、無数のサイトが・・・。

触発されて、さっそく作ってみました。

080613_1203~0001 (2)

なんか、変ですね。

で、穴が大きすぎたみたいです。

小さな欠片は外に出てきそう・・・・。





しかし、これ、鳥の巣箱を連想しちゃいませんか?

中ににんにくが佇む姿は、なんだか鳥の巣で佇む産毛のひな鳥のようです。

080613_1154~0001 (2)



遊陶工室のホームページはこちら









| 私の作品 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。