2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

窯焚き

21日(日)の夜から22日(月)の朝にかけて、

能古島での窯焚きに参加してきました。

19日から23日までの約100時間、薪で焼き続けるのですが、

自分が行ったときには1200℃手前くらいで

行ったり来たりの足踏みを続けているようでした。



まずはみなさんと一緒に軽くバーベキュー。




その後、窯の前でほぼ11時間、立ちっぱなしでがんばりましたよ。

半年振りの窯焚き、

最初は要領がつかめず、温度もなかなか上がりませんでした。

しかし、そのうちににコツを思い出し、試行錯誤を繰り返しながらがんばりました。

080922_0513~0001


薪を入れた瞬間は温度が下がり、

薪が燃え始めるとガンガン上がり、

燃え終わりに近づくとまた下がり始める。



この繰り返しで少しずつ上げていくのですが、

いかに下がりを最小限に抑え、いかに上がりを保つか。




がんばりましたよ。




080922_0546~0001







何とか1270℃までは上げました。







しかし、ずっと窯の前にいると、

ひっきりなしに水を飲みたくなります。

それなのにトイレにはほとんど行かない。

それだけ汗として出てるんだけど、

火の前にいるのですぐに乾燥してしまうんだな。

よくみると、シャツにはくっきり塩を噴いた跡が・・・・。





その日は帰ってきてぐったりと寝ました。






しかし思った以上に回復は早く、

夜には泳ぎに行き、その後ちょっと飲みに出かけました。






小学生の日記のようになってしまいました。スンマソ




遊陶工室のホームページはこちら












スポンサーサイト

| 能古島 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。