2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

しつこいようですが(笑)

教室紹介の続きを・・・。



うちのチラシです。

チラシscanx


こんなに小さな部屋で、こんな小さな窯で、

会員さんにも十分なことをしてさしあげられてるかどうかわからないのに、

毎週ここまで足を運んでくださっている皆さんには、

ただただ感謝感謝です・・・・。




なかなか直接言えないのですが・・・。



遊陶工室のホームページはこちら









スポンサーサイト

| 教室紹介 | 02:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラベンダー色

知り合いの方からの、ある依頼がきっかけで

いろいろと試作品を作りました。


依頼時に見せていただいたサンプル写真は、

白っぽくて、少し青みがかったガラス質が底に溜まったような不思議な風合いの皿。

フランスの会社が作っている美しい皿です。




このような雰囲気は難しいかとは思いましたが、

頼まれるといろいろ試したくなる性格・・・。





土や釉薬の組み合わせ、釉薬のかけ方、その他いろいろ試してみました。






楽しかったです。






結局、フランス製の美しい皿はなかなか真似できず、

ご依頼人にはその旨お伝えして、契約には至りませんでした・・・・・。






ただ、試作の過程で、自分なりのおもしろい雰囲気の皿もできました。

bowl01.jpg



底には、ちょっとラベンダーの色を思わせる溜まりが。




え?思わせないですか・・・・・・?

どーも、フランスプロバンスラベンダーの勝手な構図が頭にこびりついてるのかも。 




底部分は、コバルト含有の釉薬と土灰の二重掛けです。

bowl05.jpg



上から掛けた土灰がすりガラスのような膜を張って、

さらにその膜の所々に亀裂が入っているため、

そこから下のラベンダー(言い張るがチラチラ覗いています。








好みにもよるでしょうが、どうでしょ?





ちょっと不思議な雰囲気のものができたので、紹介させていただきました。






遊陶工室のホームページはこちら















| 私の作品 | 12:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に教室紹介をさせてください。



福岡市西区姪の浜にある、遊陶工室です。

私の名字の頭文字から名前をつけました。





陶工 は、自分の目指すものです。

陶工と呼ばれる職人のような人間になれたら・・・という気持ちを込めました。

陶芸家には向いてないし、あまりその響きは好きではない・・・。





そして、小さな小さな部屋で、小さな小さな窯で活動をしているので、

「○○教室」とか「○○工房」とか、ましてや「○○窯」なんてのは合わない。

やはり、正直に、「」というのが正しい態度だと思い、それに決めました。






最初は、「U陶工室」にしようとしていましたが、

名前をつける前から来てくださっている会員さんの作陶風景を見ていると、

この気軽で楽しい雰囲気を是非名前にしたいと思うようになりました。






」ぶような感覚で、土いじりができる場所・・・・・にしたいと。





で、「 遊陶工室 」です。





安易ですか?笑





名刺のロゴも、名前を思いついたときに走り書きした文字をそのまま使ってます。

風呂で思いついて、急いで裸で出てきて、そのまま走り書きした文字です。


名刺ロゴ枠なし



やはり、安易ですね。笑







ここは教室というより、気楽な作陶スペースという感じです。



だから、私の日常の部屋でもあります。



最初に来られた方は、「え?これが工房?普通の部屋じゃない?」と思うかも。



誰かのうちに遊びに行って、作陶してきました、って感じでやっていただけると、うれしいです。





最初は器つくりの基本を練習しますが、

慣れてきたら、器に限らず、作れるものは何でも作ってください。

みなさんの思い思いの作品を作っていただくための小さな「」です。




そのためのお手伝いを

未熟者ながら私がさせていただきます。




工房風景昼1




気楽な感じで、作品づくりを続けていきましょう。




遊陶工室のホームページはこちら





| 教室紹介 | 11:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーヒーの木

昨年末に会員さんから頂いたコーヒーの苗木が

満一年を迎えようとしています。



小さな小さな苗木でしたが、少しずつ育っています。

なかなか背は伸びませんが、

ようやく大きな葉っぱが出てくるようになりましたよ。





冬は部屋に入れて凍えないようにしています。

coffeetree06.jpg



遊陶工室のホームページはこちら









| 教室紹介 | 11:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sくんのおろし皿

良い色に仕上がりました。

混合赤土に、チタンマット釉の作品です。




おろし皿です。




CA390049.jpg



おろし山芋を食いたいんだそうです。


  ・
  ・
  ・
  ・


突起部分のとんがり具合が、

優しい作者のようにマイルドで、

ハードな大根をすりつぶすには、太刀打ちできないかも・・・・。

  ・
  ・
  ・
  ・


でも、やわらかい山芋をおろすには、ピッタリかもしれません。


まったりまろやかで、粘りの効いた、おろし山芋ができそうです。







Sくん、山芋をおろしたときには、是非ご報告お願いします。




遊陶工室のホームページはこちら











| 生徒さんの作品 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tさんの急須

『コーンすくい』のTさんが、

リベンジの前に急須を作りました。


ご紹介します!


081108_1735~0001xx


注ぎ口と取っ手に存在感のある急須です。

画像撮り忘れましたが、注ぎ口の内側にはちゃんと茶漉しも付いてます。


中くらいの湯飲みにたっぷり三人分ほどお茶を煎れられそうです。






ん?


・・・・・・・・Tさん、お茶、煎れるのかな?


ま、いっか。



遊陶工室のホームページはこちら






| 生徒さんの作品 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結果報告

今頃?とお思いでしょうが、結果を報告します。


あれです。あれ。

  ・
  ・
  ・
  ・


これ。

SAVE0148.jpg


CA390042.jpg


これは、ちゃんぽん食うときに、底にたまったコーンをすくって

スープと分離しながら無理なくコーンを食べるためのものです。



・・・・・のはずでした。






製作者さんから届いた画像です。

会社の同僚(?)の方に、チャンポン屋さんで試してみてもらったそうです。


ちゃん2x

こちらのタイプは本当は、

先っぽの小さなくぼみでコーンをすくって、

スープを大きなくぼみに流し、

あらわになったコーンをチュルッと口に運ぶ予定でした。

で、スープは戻すもよし、横から吸うのもよし。





そしてこちら。

ちゃん3x

こちらは画像の使い方のとおり。

すくって先端部分からスープを逃がし、

あらわになった具を箸で取りながら食べる・・・(のかな?)




気になる評価は・・・・・!



「使いにくい!!!」でした。



【理由1】分厚くてすくいにくい!(これ言われると救いようがないですね。笑)

【理由2】柄の部分が短くて持ちにくい!(なるほど。納得。)





なんとか良いところも書きたかったので、


良いところはなかったのですか?と製作者に聞いたところ、



良いところはひとつもなかったらしい・・・・との返事でした。


う?。





リベンジするらしいです。

使いやすい『コーンすくい』に再挑戦です。

Tさん、がんばりましょう!!





最後に、実際にチャンポン屋さんで試していただいた素敵なあなた。

その男らしい手だけでも登場させてください。

ありがとう御座いました。

次回リベンジ作の時もよろしくお願いいたします。

ちゃん4x



遊陶工室のホームページはこちら






| 生徒さんの作品 | 18:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先日、抹茶茶碗コンテストで、入選をいただきました。

小さな小さな入選ですが、

ここから始めていくしかないです。

小さな入選ですが、本当にありがたいことです。

感謝感謝。

ありがとう御座います。




遊陶工室のホームページはこちら









| 私の作品 | 13:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。