PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

くまモン


4歳の男の子がくまモンを作りました。

上手く仕上がるか心配でしたが、すばらしいくまモンが出来上がりました。^^


IMG_9428.jpg

1234297_387571881368393_2047571815_n.jpg

1229893_381975751928006_1317247876_na.jpg





喜んでくれることを祈って。

^^




| 生徒さんの作品 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兄弟作品

今日は、ご兄弟の作品を紹介します。


まずはお兄さんの作品。
とても上手で端正な作品を作ります。
奥様のお猪口だそうです。
日本酒の五合瓶と一緒に撮ってみました。
IMG_5337.jpg
暖色系で高級感のあるお猪口ができたのではないでしょうか。^^


次は、弟さん。
お兄さんとは対照的に、奇抜で芸術的な作品が多いです。
今回のは花瓶。
オレンジとトルコマットの組み合わせ。
IMG_9581.jpg

なんと、電動ロクロ作品です!^o^;

これからも期待が膨らむご兄弟です。

| 生徒さんの作品 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nさんのふたもの

Nさんのふたものです。

IMG_1023.jpg


Nさんは陶芸歴も長く、上手で、さすがにキチッとしたものを作ります。

信楽系の土に均窯釉をかけて仕上げました。

ふたと本体がきっちりと合い、ふたの取っ手も持ちやすく、色もやわらかい雰囲気にまとまっています。


| 生徒さんの作品 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sさんのおつまみ入れ


こちらはSさんの新作。

おつまみ入れ。

始めて半年の彼女はぐんぐん上達して、ブドウ柄の器をどんどん作っています。

934883_333343300124585_453387617_n.jpg

緑がかったターコイズブルーと土の茶色が絶妙です。

ブドウが散りばめられ、美しい作品です。^^




| 生徒さんの作品 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛宕魯山人(自称)新作!


自称・愛宕の魯山人氏の新作が焼きあがりました!

比較的シンプル。








どうでしょう?


IMG_0180.jpg







^^



| 生徒さんの作品 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

端正な生徒さん作品


昨日焼き上がった生徒さんの作品です。

とても端正な仕上がり。

NさんとSさんのお二人分を一緒に並べました。

IMG_5223.jpg

白い蓋物はNさんの作品で、高菜漬け入れだそうです。

あとのはSさんの作品で、葡萄柄の入った小皿2枚と焼酎ロックグラスだそうです。

IMG_5781.jpg

蓋ものもバッチリ。
皿の葡萄の絵も、焼酎グラスの底の葡萄の型押しもバッチリです。




| 生徒さんの作品 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼酎グラス

生徒さん作品。
30歳男性です。
濃いめの水割りで焼酎を飲むそうです(^。^)

544043_418062744955140_1694416337_n.jpg

| 生徒さんの作品 | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生徒さんの作品です。

30歳男性作品。

白化粧ズブ掛け時に化粧土の中に落としてしまい、どうなることかと思いましたが、
とても良い色に仕上がりました。

紹介します。^^

IMG_1909a.jpg

化粧掛けの時に掛けてしまった高台も荒々しくなかなか良い。


IMG_1926.jpg






| 生徒さんの作品 | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

織部風の皿


自称、「愛宕の魯山人」氏の新作です。

こだわりの作品を作る男性です。(^o^)

IMG_8933.jpg




田舎風の蓋ものは味噌汁を飲むときにも使っているそうです。

黄瀬戸唐津中白1212-1

黄瀬戸唐津中白1212-2

内側とのツートンカラーは奥様にも好評だとのこと。^^





次回作が楽しみです。







| 生徒さんの作品 | 13:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葡萄柄

新しい生徒さんの初作品。
素敵な葡萄柄。
素晴らしい作品ができました。

IMG_3598aa.jpg



| 生徒さんの作品 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蛍手徳利


Mさん作の蛍手の徳利です。

image_20121019235902.jpg

光が透過して、きれいです。



| 生徒さんの作品 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄瀬戸釉の皿

愛宕魯山人氏の作品です。

image_20121022045835.jpg




なかなかの出来でございます。

満足して持って帰られました。(^o^)

裏はこんな感じ。
image_20121019232229.jpg





| 生徒さんの作品 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

灰皿


今日ご紹介するのは、Tさん(30代・男性)の作った灰皿です。


CA391839.jpg


男性の作品らしく、渋くて機能的。

Tさんはとても熱心で、教えているこちらもとても気持ちいい。

そして、ひとつひとつ丁寧に作る姿は私も見習わないといけないなと思います。

どんどん上手になっています。

Tさん、そのうち、電動ロクロにも挑戦しましょう!






| 生徒さんの作品 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大切な生徒さんの作品

CA391622.jpg
CA391623.jpg




教室の大切な生徒さんが亡くなりました。


ハッとするほど綺麗で純粋な目をした、
それはそれは美しい、上品で気立ての良い若いお嬢さんでした。

ここで彼女はかわいい作品をたくさん作ってくれました。
・・・でも、まだまだたくさん作りたかったと思います。

お父様から連絡を受けたときには言葉も出ませんでした。
ご両親の悲しみは、言葉に出来ないほどだと思います。

心が痛みます。
本当に素敵な女性でした。



これは彼女の遺作。

ご両親にお話もせずに載せてもいいのだろうかと何度もためらいましたが、
せっかくの彼女の作品を皆さんに見て欲しくて。
そして、彼女がここに来てくれていたことをこの場に残したくて。

彼女らしい、かわいい作品です。
「アイスクリームを入れてもいいし、小さな多肉植物を植えてもかわいいな」
と話していたのを思い出します。

下のはまだ素焼きのまま。
試行錯誤の末にかわいい女の子の箸置きが出来たときには、
「これは男の子とセットにするんです」とはにかみながら楽しそうに話していました。



ご両親にすべてをきちんとお渡しできるまで、
大切に大切に保管したいと思います。



ご冥福をお祈りします。






≫ Read More

| 生徒さんの作品 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわいい箸置き

Mさんの作品です。

ねこの箸置き。

CA390949.jpg


焼く前からかわいかったけど、
色つけて焼き上がったら、さらにかわいくなりました。

ねこを飼っているMさんだからこそ作れた作品です。

それぞれのねこたちの仕草もかわいく、みんな個性的な表情。

mCA390956.jpg















| 生徒さんの作品 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミニコップ

iwachiさんの作品です。

花柄がとてもかわいくセンスいい。

CA390874iwa.jpg
CA390875iwa.jpg
CA390876iwa.jpg
CA390877iwa.jpg
CA390879iwa.jpg
CA390880iwa.jpg
CA390881iwa.jpg

| 生徒さんの作品 | 00:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワークショップ

今日は、キャンドルスタンド製作のワークショップをしました。

参加者はふたり。

イラストレーターの土器さんとおしょうさん。

出来上がり作品はこれ!

CA390210.jpg

まだやわらかい土のままですが、あまりにかわいいので紹介しちゃいます。

たこ?火星人?

そんなのどうでも良くなるほどかわいい。


さすがものづくりに慣れたおふたり、手際よく、約3時間ですべて完成させました。

試しに火を灯してみた写真がこれ。(土器さんのfacebookから勝手に拝借。すみません

308592_179872372090111_100002020499044_382897_1198827484_n.jpg

とても楽しい3時間でした!







| 生徒さんの作品 | 23:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドット柄

の3兄弟。

Mさんの作品です。

CA391589.jpg

小さいドット、中ぐらいのドット、

そして、大胆な大きなドット。

CA391592.jpg


鉄で柄を描き、その上に撥水剤を塗って釉抜き。

白マットで仕上げました。

大きな水玉柄を描いたMさんは、「大胆すぎたかな~」と苦笑いをしてましたが、

焼き上がったら、とてもいい感じに仕上がりました。




| 生徒さんの作品 | 23:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京くんの器


生徒さんではないのですが、

生徒さんのお子さん、京くん(幼稚園)がたまたま来たときに作って絵付けした器。

CA391575.jpg

なかなか芸術的な模様!



別の角度から

CA391574.jpg

左の顔は、妹のラコちゃんの顔かな?^^



純粋な気持ちで描いた絵はやはり良いですね。









| 生徒さんの作品 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結婚の贈り物


うちに来られている生徒さん3人で作った新婚さん用器セットです。

3人と同じ会社のある人の結婚のお祝い。


DSCF0005x.jpg





数ヶ月前から3人で計画を練り、

時間を合わせて製作に励み、

釉薬掛けのデザインと方法を長時間かけて話し合い、

一生懸命仕上げた作品たちです。



新郎用と新婦用とでは違う土を使い、

新郎用はちょっと渋めに、新婦用はやさしい雰囲気に、

微妙な色の違いを表現しています。





本当に素晴らしい出来になりました。







| 生徒さんの作品 | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。